【時間がない人は必見!】仲介手数料の仕組みを理解して、上手に不動産を売る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「仲介手数料」って聞いたことありますか?
不動産業者に払うもの、っていうことも知らない方はいるのではないでしょうか?
マンションや土地などの不動産の売ることを考えているなら、仲介手数料に対する理解は必須です!

この記事を見れば、不動産業者の事情を通じて、仲介手数料の性質が分かります。
不動産売却に対するあなたの姿勢、考え方もきっと変わります。

「仲介手数料は売却価格の3%です。」(正確には3%+6万円+消費税であることがほとんどです。)
えっ?何でっ?
ほとんどの方がそう思うはずです。
でも、不動産業者側の事情が分かれば、その理由も分かりますし、仲介手数料ってどんなものかが分かるようになります。

この記事では、それを説明します。

そもそも、仲介手数料は、いつ払う?

不動産業者に、自宅である不動産を売却してもらったら、仲介手数料を支払うことになります。
この仲介手数料は、売買契約を結んだ後に支払います。

なぜなら、仲介手数料は成功報酬だからです。自宅の売却が成功して初めて、仲介手数料を不動産業者に支払う義務が発生します。(通常、不動産を売る時は、媒介契約というものを不動産業者との間で結びます。)

ですので、不動産が売れる前に、不動産業者からお金を請求されることはありません。

でも、不動産の売却を任せて、チラシや広告を沢山作って頑張ってくれた不動産屋さんにも、売れさえしなければ、全くお金を払う必要ないのか、疑問に思う方もいるかと思います。せめて広告代くらいは払う必要があるのでは?と、思ってしまいますよね?
広告代はバカにならないですし、せっかく頑張ってくれた不動産屋さんがかわいそうですが、売れさえしなければ、お金を払う必要はありません。

このように、不動産業者の収入源である仲介手数料といものは、売却が無事完了しなければ発生しない、成功報酬なのです。

不動産業者は広告を作ったり、チラシをマイたりして頑張らなければならないにもかかわらず、売れなければお金(仲介手数料)は入ってこない、いわば、0か100か、といったシビアな世界にいるのです。そのような不動産業者の立場も理解した上で、いろいろと相談すべきです。

関連記事:たったこれだけ!不動産業者の営業マンへの相談すること!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*