効率的な不動産情報の収集方法

不動産売却

不動産の購入や売却を考えている方、インターネットのサイトは数多くあるけど、どれがオススメなのか分からない………そういう方は多いと思います。

この記事を見れば、効率的に質の良い、不動産情報を、インターネットでゲットできるようになります!

「レインズ」って、聞いたことありますか?これは、不動産業者、すなわちプロのみが使用できる情報ネットワークなのです。
レインズはプロ用のため、一般には公開されていません。
プロが使っている情報ネットワークってどんなものか?興味が湧きませんか?

実は、プロじゃなくても、レインズとほとんど同じ情報を見れるサイトがあるのです。

→ライバル物件の不動産情報を集めた後は一括査定で不動産業者にヒアリングです。大手にも地元不動産会社にも依頼できるサイトはコチラ

不動産のプロ達しか見れない情報を検索できるサイト!不動産ジャパン!

どうすれば効率良く、不動産情報を仕入れることができるか?
答えは簡単です。
プロが使っている情報を直接仕入れればよいのです。
「不動産ジャパン」というサイトで、プロ達しか見れない情報をゲットすれば、効率良く情報を集めることができます。

不動産ジャパンに掲載されている情報は、不動産のプロ同士が使う情報ネットワークであるレインズと、実質同じ情報を見ることができます。

不動産のサイトは数多くありますが、中にはダブって掲載されている情報もあったり、売れてしまったのに削除し忘れているようなサイトもあります。
この点、不動産ジャパンに掲載されている情報は、レインズと実質同じ情報ですので、正確、かつ、鮮度が高いものになります。

でも、例えばレインズに登録されないような物件はヒットしないのでは?と考える、勘の鋭い方もいると思います。
確かに、人気物件であれば、レインズ登録前に売れてしまったり、そもそも水面下で決まってしまっているような場合もあります。

そのような場合は、確かに不動産ジャパンでは拾えません。
不動産ジャパンで検索してみて、自宅のポストの入ってきたチラシの物件が検索できない時、レインズに登録されていない可能性があります。
そんな時は、
・自宅ポストのチラシ分析
といった方法が効果的な情報収集方法になります。

 

 

また、不動産ジャパンで検索した物件情報の価格は売出中のものだから、値引きされるかもしれないし、その値引き幅が掴めなければ、参考にならないのでは?と思われる方もいるかと思います。
そんな時は、売出中の価格に対して、実際に契約された価格を調べれば良いのです。
レインズでは実際に契約された価格を調べることができますが、不動産ジャパンではできません。
つまり、プロ以外は、実際に売れた価格は分からないのです。
(ですが、「レインズマーケットインフォメーション」というサイトだと実際に売れた価格が調べられますが、個人情報保護のため、物件の特定はできません。)

インターネットで効率的に情報を集めるなら、プロが使う情報が手に入る不動産ジャパンを使うのが良いです。

細かくこだわっていくと、他に選択肢はありますが、それらも併用しながら、不動産ジャパンで情報を集めるのがオススメです!

→ライバル物件の不動産情報をもとに、なるべく幅広くヒアリングをしましょう。大手にも地元不動産会社にも一括査定の依頼をできるサイトはコチラ

タイトルとURLをコピーしました