不動産相場の調べ方を解説

不動産売却

マンション、戸建、土地など、不動産の売却をお考え中の皆様。
こんなことは、多くの方は人生で1回だけではないでしょうか。
不動産の金額は額が大きく、ちょっと失敗してしまいました、では済まされませんよね!
ちなみに売却価格って、どうやって査定するのか?自分で調べる方法はある?

この記事を見れば、不動産の売却時の価格の査定方法や調べ方が分かります。

今、自分の家がいくらで売れるか?

不動産会社に聞いたら、
「売り出し価格は2,980万円くらいで考えておいて、最低でも2,580万円でお話しが入ってくるとおもいます。もし、難しいようでしたら、2,100万円くらいで買取りにしましょう。」
初めて売る方には、何が何やら、といった感じです。

結論から言えば、自分の不動産を売る価格は、不動産会社が決めるのではなく、あなたが決めるのです。
だから、徹底的に調べなくてはいけないのです。
(とても大変そうですけど、実は不動産を売却する時にすることって、これ一つだけです。後は不動産業者にお任せで問題ありません。高い仲介手数料はそのために払います。)

→あなたの不動産、今いくら?大手にも地元の不動産会社にも査定依頼ができるサイトはコチラ

実は簡単!あなたでも出来る!売却価格の査定方法・決め方!

 

結論から言いますと、売却価格の査定方法は、

「ライバル物件を一つ探す」

これだけです。

まず、土地の相場を調べて、地価動向を睨みながら、賃料からもアプローチをしてみる、Jリートの利回り動向を調査して、いくつか不動産会社で説明を聞いて………なんて面倒くさいことは必要ありません!

なぜなら、買う人の立場からしたら、あなたの家とライバル物件とを比較して、良い方を買うのが当たり前だからです。
それは、単純に価格が安ければいいものではなくて、立地とか最寄駅までの距離とか、総合的に判断されます。(買う人が判断します。)
いくらで貸せるとか、ここの土地は価格が上がってきてる買い時だ、とかの理由で不動産を買うのは、いわゆる「投資家」と呼ばれる人たちであり、あなたの家とは直接関係しません。

例えばマンションだったら、広さや駅からの距離、築年数など、自分の部屋と出来る限り似ているのがライバル物件です。
あなたが買う立場だったら、どっちを買うか、迷うような物件を探せば良いのです。

もちろん、探し方にはポイントがありますが、あなたにはきっとすぐに探せるはずです。
だって、今住んでいる部屋を買った時に、どっちを買うか迷ったマンションを思い出すだけですから。

「あ〜、でも隣のマンション、この前売りに出てたけど、もう売れちゃったな………」
そんなことは関係ありません。

「今、売りに出てる物件」

の中から、探して下さい。
買う方からしたら、売りに出されてない物件は、そもそも買えませんから………(当たり前ですが)
買う人は、今売りに出てる物件と、あなたの不動産を比較することで、高い・安いを判断します。

もちろん、売却物件を掲載しているサイトなんかだと、もう売れちゃっている物件が残ってたりして、情報の質に問題がある場合があります。
そんな時は、プロが使う、鮮度の高い情報を中心に探してみて下さい。

また、
「本当にライバル物件を探すだけでいいの?もっと専門的な方法が必要なんじゃないの?」
と思われいる方もいるかと思います!
でも安心して下さい!
この方法は実はとても専門性の高い方法なのです。
(不動産の価格の決定を独占業務とする国家資格者「不動産鑑定士」が、その論拠とする「不動産鑑定評価基準」に定められている「取引事例比較法」という方法です。)

→ライバル物件を探した後に一括査定を。大手にも地元の不動産会社にも幅広く意見を聞きましょう。

まとめ

不動産の売却価格を査定して決めるのに、面倒くさいことは必要ありません。

ただ、

「ライバル物件」

を探せば良いのです。
(他のことは、仲介手数料を払って、不動産業者の方にお任せしましょう!)

これから、あなたの家を買う人の立場に立って、ライバル物件を探して、その価格を基準にして、自分の家の売却価格を決めましょう。

その後で、一括査定や不動産業者に相談すれば、効果は抜群です!
(相場や地域に精通していて、信頼できそうな不動産業者が、一目瞭然です!)

→一括査定は手間がかかりませんが、ライバル物件を探した後に依頼をしましょう。できれば大手にも地元不動産会社にも幅広く。

 

タイトルとURLをコピーしました