不動産を売却・売る時の価格は誰が決める?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

マンション、戸建、土地など、不動産の売却をお考え中の皆様。
こんなことは、多くの方は人生で1回だけではないでしょうか。
不動産の金額は額が大きく、ちょっと失敗してしまいました、では済まされませんよね!
ちなみに売却価格って誰が決めるのか?どうやって査定するのか?自分での調べ方は?

この記事を見れば、不動産の売却時の価格の査定方法や決め方が分かります。

今、自分の家がいくらで売れるか?

不動産会社に聞いたら、
「売り出し価格は2,980万円くらいで考えておいて、最低でも2,580万円でお話しが入ってくるとおもいます。もし、難しいようでしたら、2,100万円くらいで買取りにしましょう。」
初めて売る方には、何が何やら、といった感じです。

結論から言えば、自分の不動産を売る価格は、不動産会社が決めるのではなく、あなたが決めるのです。

 

自分で不動産がいくらで売れるか・相場はどのくらいかを分かっていないと、確実に損をする!

 

売却価格を決めるのは、あなた、です。
不動産会社の人とか、コンサルタントの人ではありません。

なぜなら、最終的に、この価格なら売ろう!と決めて、売買契約書にハンコを押すのは、あなた自身だからです。

自宅を売りに出した後、不動産会社から、このように言われます。
「2,580万円で売り出し中ですけど、2,500万円なら買う、っていう人が出てきました。どうしますか?」

こうなったら、その価格で売っていいかどうか、アドバイスをもらおう………そう簡単に考えていませんか?
それは危険です。
関連記事:不動産業者はあなたの味方?それとも敵?

ここで1度立ち止まり、周りの友人とかの話を思い出してみて下さい。
「不動産会社が査定した価格より高く売れたよ!」
そう言っていた人はいませんか?

実際、そういうケースはあります。
なぜ、不動産会社の査定価格より高く売れたのか?
答えは簡単です。
いくらで売れるのか、自分自身でしっかり理解して、いくらなら売るかを、自分自身で決めたからです。

つまり、不動産会社とか、自分以外の人の言うことを聞いているだけだと、本当に売れる価格よりも安く売ってしまうことがあるのです!
不動産は高価なものです。
ちょっと安く売れちゃった………だけで何十万円、いやもしかしたら百万円単位で損してるかもしれません!

不動産を売却する時に損をしないようにするにはどうすればいいのか?
それは、自信を持って、いくらで売れるかを自分で決めれられるようになることです!

逆に言えば、あなたがやることは、いくらで売れるかを徹底的に調べること、だけです。

他の難しい専門的なことは、不動産会社にやってもらえば良いのです。
だって、高い仲介手数料を払うのですから。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*