相続した不動産の名義変更の流れとは?今後の使い方によって異なる方法とは?

不動産売却

 

不動産は数ある財産の中でも最も高額なものです。

高額な財産を大事に扱うためには、それなりの時間と手間が必要です。

しかし、忙しい人にとっては時間に限りがあることも事実です。

そこで、時間と手間を必要最低限に抑え、かつ経済的な不利益を防ぐためには、

①全体像の理解 (名義変更の流れ)
②専門家の活用 (価格査定の妥当性)

というポイントを抑えることが重要です。

 

1.自分の置かれた状況と同じ事例を見る

相続の名義変更の全体像、つまり、手続きの流れを理解する。

そのためには、実際の事例を見てみるのが一番早いです。

<理由>
不動産は共有者の有無、立地条件、相続時期などで、名義変更の手続きの流れが異なります。

 

2.最も効率的な名義変更の流れとは?

最も効率的な手続き方法は、名義変更手続きと売却手続きを一本化することです。

売却の一環として行うことで、必要最低限の時間と手間で手続きが可能です。

売るからには、買う人が存在します。
買う側の登記手続きを行うためには、売る側の相続の登記手続きを行うことが必要です。
そのため、買う人の登記手続きとまとめて対応することで、相続登記手続きを、売却手続きとして一本化できるなどのメリットがあります。
(登記費用の削減にも繋がります。)

 

3.実際の事例を見るポイント

では、実際の事例には具体的にどのようなケースがあるのでしょうか。

実際には、手続きを進めることが難しそうと思っていたのに意外とすぐに解決できた、というケースがあります。

例えば、次のような事例があります。

・相続した不動産を複数人で共有するケース
・他の共有者と連絡がつかないケース
・連絡を取らずに手続きしたいケース
・相続登記が未了のまま継続しているケース

 

自分の置かれた状況により近い事例を見ることで、具体的な手続きの流れがイメージできます。

→実際の相談事例が掲載されているサイトを見てみる。(相続未了、共有持分などの複雑案件が掲載されています。)
全国の物件が買い取り対象【ソクガイ.jp】

4.手間と時間をかけず損もしない手続きは実現可能なのか?

しかし、次のような疑問も生じると思います。

売却手続き自体が大変ではないのか

このような疑問を持たれる人には、買取という売却方法が適しています。

売却方法には、買取と仲介という選択肢があります。
仲介は不動産会社を通じて個人に売却します。買いたい、という人を探すまで時間がかかることがあり、部屋の内見対応などで手間がかかることがあります。
一方、買取は買取業者の転売利益の分だけ仲介より売却価格が安くなります。ただし、買取価格に納得できれば、すぐに手続きが完了しますし、内見対応も不要なため、手間がかかりません。

 

次に生じる疑問としては、

安く売って損をしてしまうのではないか

というものがあると思います。

ここでの対策ポイントが、専門家を上手く活用できるかどうかです。

特に買取価格は、不動産価格の専門家(可能であれば不動産鑑定士)に査定してもらうと、安心して納得した取引ができる可能性が高くなります。

一括査定やAI査定など、査定サービスはいろいろありますが、

誰がどのように査定しているのか?
質問対応は可能かどうか?

というところが確認するポイントになります。

→価格査定の方法を具体的に説明しているケースを見てみる。(国家資格を有する不動産鑑定士による査定を実施している会社です。)
売りにくい、「共有持分」でも相場相当の価格で「高く」買い取れる!

 

5.自分が置かれた状況に近い事例で名義変更の流れを具体的に理解

冒頭でも述べた通り、不動産は共有者の有無、立地条件、相続時期などで、名義変更の手続きの流れが異なります。

ですから、相続の名義変更の流れを理解するためには、自分の置かれた状況と類似する実際の事例を探して参考にすることが効率的です。

事例を確認するときのポイントです。

①共有者がいても名義変更可能
②共有者と連絡しない方法もある
③早ければ1ヶ月程度で手続きが終わることもある

 

6.相続した不動産を「売る」のか「売らない」のかをまず決める

売るのか、売らないのかでは、全体の流れや手続き・税金などが、大きく異なります。

売る場合は必ず専門家に相談しましょう。
売らない場合でも、将来の登記義務化に備えて相続登記をしておきましょう。

もし、自分で住んだり、人に貸したりしないのであれば、すぐに売却手続きをした方が良いです。
なぜなら、相続してから一定期間内に売却すれば、税金の優遇措置を受けることができるからです。
また、相続登記も義務化される方針ですので、放置しておいてもメリットはありません。
(固定資産税の負担が続くだけです。)

買取査定をするだけでは、費用かかりません。

もし、売却する方針であれば、不動産の価格の専門家を活用している会社などに、買取査定を依頼してみると効率的です。

→価格査定の方法を具体的に説明しているケースを見てみる。(国家資格を有する不動産鑑定士による査定を実施している会社です。)
売りにくい、「共有持分」でも相場相当の価格で「高く」買い取れる!

 

不動産価格の専門家による査定結果を見ても、それでも不安という場合は、一括査定を使って検証してみると良いでしょう。

一括査定の場合は、個人情報が多くの会社に伝わってしまうことになります。
そのため、個人情報の保護を徹底している、具体的にはプライバシーマークを取得している企業に依頼をすれば安心です。

→プライバシーマークを取得している企業による一括査定サイト(参考)

タイトルとURLをコピーしました