低体温を改善して体温を上げる方法【はちみつ入り生姜ペースト】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

低体温で悩んでいる方多いですよね。

 

人間の平熱は36.5度付近が平均で、

 

35度台はまさに、

 

低体温

 

といえます。

 

 

体温が低いと免疫力が下がり、「ガン細胞は35度を好む」とまで言われています。

 

そこで体温を1度、手っ取り早く上げたいと思っている方にオススメしたいのが、

 

「ヴェーダヴィ ジンジャーペースト」

 

です。

 

(出典:加熱しょうがジンジャーペースト | ヴェーダヴィ/公式サイト)

 

 

こちらの商品のスゴいところは生のショウガを100度という管理された温度で3時間も加熱しているところです。

 

 

なぜ3時間も加熱しているのでしょうか?

 

 

ショウガには、

 

「ジンゲロール」

 

 

「ショウガオール」

 

という成分が含まれており、体を温める作用があるのは

 

「ショウガオール」

 

の方です。

 

 

しかし、生のショウガにはほぼ「ジンゲロール」しか含まれていないのです。

 

 

「ショウガオール」は、

生のショウガを加熱することよって、

「ジンゲロール」が「ショウガオール」に変化するのです。

 

生のショウガに含まれる「ジンゲロール」は末端の血管を拡張させ、血流を促進させるので発汗作用があり、一時的に温まりますが、

実は体の深部を冷やす作用がある

のです。

 

末端冷え症の改善や、発熱時の解熱にはオススメですが、低体温の改善にはオススメはできません。

 

 

一方で加熱されたショウガに含まれる「ショウガオール」には、燃焼作用により熱を作り出し、

深部体温を上げて体を芯から温める作用がある

のです。

 

その作用により、

 

体温が上がる

 

のです。

 

 

 

「加熱」といってもただ加熱すればいいのではなく、100度以下で30分以上加熱することよって「ショウガオール」は引き出されるのです。

 

ちなみに、よくある「生姜焼き」は、フライパンで100度をはるかに超えて調理してしまうので、「ショウガオール」が壊れてしまいます。

 

 

 

このジンジャーペーストは、3時間加熱することで「ショウガオール」を増やし、

 

さらにペースト状にすることで、様々な食べ物に簡単に混ぜることができます。

 

 

 

オススメの食べ方は「ヨーグルト」や、「ホットミルク」に混ぜる食べ方です。

 

ジンジャーペーストにはハチミツが入っており、ほのかな甘みがあるのでとても相性がよいです。

 

また、若干甘味はでますが、お味噌汁にいれてもコクがでて美味しいですよ!

 

一日小さじ二杯の摂取で、約一ヶ月分です。

 

 

 

ちなみに私は翌日から体温1度上がりました!

即効性ありです!

 

 

朝食にジンジャーペーストを取り入れて、体温を上げてから活動することで、体が軽く感じ、また燃焼効果も高めてくれるので是非オススメですよ!!

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*