マンションの機械式駐車場の価格は?工事方法により値段が違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

マンションは、通常、人口密度が高い地域に建設されます。

ですから、限られた土地を有効に利用するために、立体駐車場が利用されています。

特に機械式駐車場は多くのマンションで使われています。

 

ところが、この機械式駐車場は「金食い虫」とも言われています。

一体、機械式駐車場の価格はどのくらいなのでしょうか。

 

 

1.機械式駐車場の費用には何がある?価格はどの段階で使う?

 

 

機械式駐車場の価格が、直接関係してくる段階は、「更新」(リニューアル)の段階です。

つまり、20~30年後に機械式駐車場を新品と入れ替える際に、価格が関係してきます。

 

 

そもそも、機械式駐車場の費用には何があるのでしょうか。

 

マンションが建築される流れから考えます。

 

 

まずはマンションが新築され、機械式駐車場が設置されます。

この段階では、デベロッパーが機械式駐車場のコストを負担します。

 

 

そして、入居が始まり、機械式駐車場が利用され始めます。

この段階では、通常の定期点検とメンテナンスが行われ、継続的な費用が発生します。

 

 

また、5年、6年と使っていくうちに、故障する部品も出てきます。

このような時は、メンテナンス契約にもよりますが、劣化部分の交換費用が発生します。

 

 

そして、そのような劣化部分の交換を続けていても、いずれやってくるのが「寿命」です。

「耐用年数」とも呼ばれます。

耐用年数が到来した機械式駐車場は、選択を迫られます。

 

それは、

「更新」(リニューアル)

するのか、

「撤去」

するのか、

「停止」

するのか、という選択です。

 

そして、それぞれ更新費や撤去費等が発生します。

 

この時、「更新」(リニューアル)するための、入れ替える機械式駐車場の費用が、価格というわけです。

 

 

2.機械式駐車場の「更新」(リニューアル)について

 

 

機械式駐車場は設備も大きく存在感があります。

 

その分、リニューアル費用も多額になります。

(だから、「金食い虫」と言われています。)

 

 

リニューアルの方法にはいくつか種類があります。

 

例えば、既存のピットと呼ばれるくぼみ(機械式駐車場が設置してある場所)をそのままにして、新たな設備を入れ替える場合があります。

 

または、このピット自体を一度取壊し、もっと大きな車が入れるように掘りなおすことも考えられます。

 

 

グレードアップや、収容台数を増やす工事などは、一般的なリニューアルよりもさらに費用がかかります。

 

では、リニューアル等の種類別に、目安の金額を記載していきます。

(地下ピット式機械式駐車場を例とした場合です。(財)駐車場整備推進機構が実施したアンケート結果を参考としています。)

 

 

3.既存の設備と同等の機械式駐車場設備への取り換え

 

 

耐用年数(一般にては20~30年程度)が経過した後に、機械式駐車場の設備そのものを入れ替える場合です。

 

地下ピットは既存のものを使用します。

(つまり、新設の場合と比べると、地下ピットの掘削費用が不要になります。)

 

 

その場合の費用は、車1台当たり、

 

100〜150万円/台

 

が相場です。

 

 

つまり、機械式駐車場が30台あるマンションであれば、

 

耐用年数満了後の入れ替えに、

 

3,000〜4,500万円が必要となる、ということです。

 

 

4.既存のサイズより大型の機械式駐車場へ入れ替える場合

 

 

耐用年数(一般にては20~30年程度)が経過した後に、機械式駐車場の設備だけでなく、地下ピットも大型化する工事を行う場合です。

 

地下ピットは既存のものを取り壊し、さらに広げる(大型化する)工事をします。

(つまり、既存ピットをそのまま使用する場合と比べると、地下ピットの取り壊し及び改修費用が必要になります。)

 

 

その場合の費用は、車1台当たり、

 

200〜250万円/台

 

が相場です。

 

 

つまり、機械式駐車場が30台あるマンションであれば、

 

耐用年数満了後の入れ替えに、

 

6,000〜7,500万円が必要となる、ということです。

後ほど説明する、新たに機械式駐車場を設置する工事よりも割高な傾向があります。

 

 

 

5.機械式駐車場を廃止して、平置駐車場にする場合

 

 

耐用年数(一般に20~30年程度)が経過した後に、機械式駐車場の設備を撤去して、地下ピットを埋め戻し、平置の駐車場にする場合です。

 

既存の機械式駐車場を撤去して、地下ピットは埋めて平面にします。

(つまり、既存ピットをそのまま使用する場合と比べると、設備の撤去費用と地下ピットを埋める費用が必要になります。)

 

 

その場合の費用は、車1台当たり、

 

180〜230万円/台

 

が相場です。

 

 

つまり、機械式駐車場が30台あるマンションであれば、

 

耐用年数満了後の入れ替えに、

 

5,400〜6,900万円が必要となる、ということです。

 

 

6.平置駐車場に地下ピットを作り、機械式駐車場を新設する場合

 

 

今までとは反対に、機械式駐車場がなかったパターンです。

 

この場合は、平置の駐車場だった場所に地下ピットを掘削し、機械式駐車場を新たに設置します。

(つまり、今までの更新の場合と比べると、地下ピット掘削及び設備の新設のための費用が必要になります。)

 

 

その場合の費用は、車1台当たり、

 

150〜200万円/台

 

が相場です。

 

 

つまり、機械式駐車場が30台あるマンションであれば、

 

耐用年数満了後の入れ替えに、

 

4,500〜6,000万円が必要となる、ということです。

 

 

7.まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

 

機械式駐車場の価格と言っても、

 

入替え
大型化して入替
廃止
新設

 

などの工事方法により、必要な工事費が異なってきます。

 

それは、地下ピットの掘削費用だったり改修費用などです。

 

また、機械式駐車場の更新費用は、例え既存の地下ピットを活用したとしても、1回分の大規模修繕工事費に匹敵するほど、高額になります。

 

このため、廃止検討するマンションもあると聞きますが、ほかにもリースなどの方法もあるようです。

 

「金食い虫」と言われる機械式駐車場ですが、狭い土地を有効活用してくれることは事実です。

 

将来の費用と、本当に必要かどうかの見極めを、真剣に考えることが重要です。

 

上記に記載してきた価格幅はあくまで目安です。

最近では、1パレット50~80万円台に安くなってきている話もある、とのことです。

 

実際の更新の際には、複数の業者から相見積を取得するようにしましょう。

 

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*