【忙しい方必見!】大規模修繕の保証の期間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

マンション中の修繕積立金を集めて行う大規模修繕工事。

 

12〜15年に一度のビックイベントです。

 

主に防水工事とタイル貼替が大きい工事になります。

 

ところで、保証期間はどれくらいなのか?

 

工事業社によっても違うのか?

 

調べたことをまとめました。

 

 

1.外壁タイルの保証が3年?

 

 

大規模修繕工事の内容は、

 

躯体補修
シーリング工事
バルコニー防水
屋上防水
外壁タイル など

 

があります。

 

このうち、シーリング工事やバルコニー、屋上防水工事の保証期間は重要です。

 

なぜなら、次の大規模修繕までは少なくとも10年以上、間が空くからです。

 

出来る限り長い期間が欲しいです。

 

また、外壁タイルの保証も気になります。

 

小まめにタイル貼り替えをすれば、管理会社の儲けになります。

 

もし、管理会社へ大規模修繕工事をお願いするマンションの方であれば、外壁タイルの保証期間の長さに気をつけて下さい。

(短いところでは3年、という話を聞いたことがあります。)

 

 

2.瑕疵保険という保証方法もある

 

 

工事の保証は、材料のメーカーからの保証だったり、工事業社が保証したりするケースがあります。

 

違う方法として、保険という方法もあります。

 

この保険には大きく2種類あります。

 

「瑕疵保険」と「工事完成保証」です。

 

このうち、工事後の保証は「瑕疵保険」の話になります。

(「工事完成保証」は、工事中に工事業社が倒産した場合、代わりの工事業社で工事の完成を保証させる、ザックリ言えばそういう保険です。)

 

「瑕疵保険」は、「住宅瑕疵担保責任保険法人」という、国土交通省の指定を受けた法人(執筆時点では5法人)が取り扱っています。

 

また、保険料は工事業社が負担します。
(そこまで高額にはならないようです。)

 

保証範囲は、大規模修繕工事の内容とほぼ同じ範囲です。

 

保証期間は概ね5年、特約で10年も可能です。

 

取り扱っている会社も国が指定してるので安心です。

 

是非、検討してみましょう。

 

 

3.一般的な保証期間は?

 

大規模修繕工事には色々な工事があります。

 

下地補修、シーリング工事、外壁塗装、鉄部塗装、バルコニー防水、屋上防水 など

 

これらに、それぞれ仕様により異なる保証期間があります。

 

普段お仕事をしている時間のない方は、次のように覚えておきましょう。

 

 

普通は5年、長ければ7年。
(外壁タイルは除く。)

 

屋上防水は10年。

 

鉄部塗装は2年。

 

 

 

上の年数を基準に、短い場合や長い場合に、工事業社などに質問をしましょう。

 

 

4.工事後の定期点検

 

 

保証期間は大体5〜10年。

 

保証の対象となる欠陥などはどのような発見すれば良いのか。

 

一般的に、工事後、1・3・5・7・10年に定期点検が行われます。

 

工事業社が定期的に点検を行い、必要があればアンケートを実施するなどして、管理組合に報告がされます。

 

設計事務所が立ち会う場合もありますが、1年目だけ無償で、3年目以降は有料のケースがあるようです。

 

定期点検は保証期間と同じく、工事内容により異なります。

 

工事前によく確認しておきましょう。

 

 

5.外壁タイルの保証は?

 

 

色々サイトを調べても、

 

「外壁タイル」

 

という直接の表現はありませんでした。

 

では、外壁タイルの保証期間は一体何年?

 

最初に書いたように3年あれば良い方なのか?

 

先程お伝えした国土交通省指定の瑕疵保険であれば、外壁タイルの保険があります。

 

 

特約を付けることで、5〜10年間、保証されます。

 

また、タイルの保険は、剝落特約があります。

 

金額にすると、剥落特約を付ける付けないで数万円単位なので、是非特約を付けましょう。

(剥落特約を付けない場合、タイルが剥がれても防水性能がある、と判断された場合は保険が下りないこともあるそうです。)

 

 

6.まとめ

 

 

以上のことをまとめますと、

 

大規模修繕工事の保証システムには、

 

 

・メーカーや元請業者、下請業者による保証

・国土交通省指定の瑕疵保険

 

 

があることが分かりました。

 

そして、保証や保険に共通する期間は、

 

 

「5年」

長くて、
「7〜10年」

 

 

です。
(保証については、屋上防水は10年、鉄部塗装は2年が一般的です。)

 

 

そして、重要なのが、

 

「外壁タイル」

 

です。

 

色々とサイトを調べても、外壁タイルに関するメーカーや工事業社の保証についてはヒットしませんでした。

 

代わりに、国土交通省指定の瑕疵保険では、特約を付けることで、5〜10年の期間の保証を受けることができます。

 

是非、瑕疵保険の付保を検討しましょう。

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*